人気ブログランキング |

2月14日(木) 読売新聞の記事から

今朝の読売新聞の江東版にこんな記事が出ていました。

私もブログで以前紹介しましたが
フランスの青年でクレ・トマさん(23)
明治~平成時代のきもの約600着を用意し
アンティク着物の展示や販売をする店を営んでいる
『今昔きもの小路』の店主です

d0278912_22002311.jpg
この新聞の写真は昨年12月9日柴又帝釈天の参道を
『きもので柴又を歩こう会』に参加した人たちです
店の一部をサロンにして着付け教室や三味線演奏会等を開いている
『外国人から見て着物はとても美しい。もっと気軽に楽しんでほしい』



d0278912_22005970.jpg
この写真はクレさんが振り袖を来て節分の時に来店した時のです
スタイルが良いので着こなしもバッチリ。よく似合います。
『いつか柴又帝釈天の参道を着物姿の人でいっぱいにしたい』
日本人より熱い思いを持っています
一日でも早く経営が軌道に乗ることを祈ります


国の重要文化的景観に選ばれてから13日て1年を迎えました。
記念して昨日柴又オリジナルのフレーム切手が販売されました

d0278912_22004324.jpg
フレーム切手は帝釈天境内や参道のほか『矢切りの渡し』の写真が使われ
1セット1500円限定2000セット観光案内所で販売しました。


3月の9日~10日にかけて帝釈天でプロジェクトマッピングが行なわれます。


by matukoutarou | 2019-02-14 23:13 | Comments(0)
line

柴又亀家おかみの独り言


by matukoutarou
line