4月24日 庚申

60日に1度来る庚申・・・・今日は雨(T_T)
参拝のお客様もさっぱり。
仕方ないですね。
早朝から豆大福・いちご大福・くずきりと工場の職人さんが一生懸命作ってくれたのに、この雨ではさっぱり

d0278912_1942617.jpg

今年に入って土日は雨だったり、暖かく桜が3月に満開になってしまいさくらまつりも雨のため中止になったり、
最悪のスタートです

d0278912_1942399.jpg

待てど暮らせど…お客様は通りません。
でも庚申大福を楽しみにしていてくれるお客様は何人か来てくれました。
この寒いのにありがとうございました。
そしてくずきりは2月の庚申までお休みしていましたが、4月の庚申から夏にかけて始めました。
d0278912_2016717.jpg

のど越しが良くて蜜は梅蜜を使用していますので冷やして食べると最高に美味しいです。
d0278912_20163867.jpg

次回の庚申は6月23日です
皆様の
お越しを、お待ちしております。

[PR]

# by matukoutarou | 2013-04-24 20:28 | Comments(0)

4月19日  映画上映のお知らせ

4月21日(日)寅さん会館にて
”まつり灯りの夜に”上映 入場無料


d0278912_185899.jpg

stori
昭和の町並みを残す葛飾柴又の街。
そんな街にお盆の季節がやってくる。
人々は、迎え火をたく。そのとき、矢切の渡しを一艘の船が現れる。
亡くなった人々だ。その船に6年前亡くなった土産屋の倉田家の主人・祐介がのっていた。しかし見えるのは次女の美桜だけ。祐介は美桜に、花嫁姿を見たかったと告げる。
美桜はh兼ねてから思いを寄せている島崎に頼み込み、商店街の人々の協力で結婚式を挙げることになるが、島崎が式に向かう途中にアクシデントに遭ってしまう。美桜は果たして無事に式を挙げて父親に花嫁姿を見せられるのであろうか…・

2012年8月~11月にかけて柴又商店街で撮影
安部誠監督 ”まつり灯りの夜に”がついに上映
  1回目  12時40分受付  13時上映
   2回目  14時10分受付  14時40分上映

ぜひお誘い合わせて見に来てください。
[PR]

# by matukoutarou | 2013-04-20 01:32 | Comments(0)

4月18日 楽しいイベント盛り沢山!

4月26日(金)マムちゃんがやって来る!
あのマムちゃんこと毒蝮三太夫さんが”かつしか語り隊”を訪ねて寅さん記念館に来ます。
TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の中の毒蝮三太夫のミユージックプレゼントの番組です。

d0278912_23181657.jpg

みなさまも是非寅さん記念館にきてください。もしかしてインタビューされるかも?
4月28日(日)ヨッテケ!柴又おやじ&マドンナライブ

d0278912_2323094.jpg

昭和の古き良き時代を懐かしみ歌と音楽でライブを盛り上げてくれます。
柴又在住のプロミユージシャンたちもゲストに・・・・
日曜日ですのでご家族で、楽しんでください。

4月19日明日は和田アキ子さんが来ます。
柴又参道にロケ撮影依頼が来ました。
芸能生活45周年記念サプライズツアーだそうです
撮影日19日(金)13:30~16:30想定
放送日7月4日(木)19:00~22:00フジTV系列 予定
この時間帯にきているともしかしてアキ子さんに会えるといいですね!

[PR]

# by matukoutarou | 2013-04-18 23:40 | Comments(0)

4月11日  芝桜が満開

葛飾区の25年度の基本計画に”20013花いっぱい運動”というのがありその一環として柴又の柴に因んで
芝桜を植栽委員会の方々の協力で江戸川の出手に芝桜が植栽されました。
こんなに綺麗に咲きましたのでぜひ見に来てください。

d0278912_233526.jpg

柴又街道から江戸川に向かって歩いてくると一面ピンクの芝桜が目に飛び込んできます。
わ~きれい!見事に咲きました。

d0278912_2383592.jpg

以前にも書きましたがここにも勿論、矢切の渡しの標識がありました。
d0278912_23113666.jpg

寅さん名言集より
今 江戸川の土手に立って
生まれ故郷を眺めておりますと
何やら、この胸の奥がぽっぽっと
火照ってくるような気がいたします 
そうです
私の生まれ故郷と申しますのは 
葛飾の柴又でございます

[PR]

# by matukoutarou | 2013-04-11 23:20 | Comments(0)

4月8日 はなまつり

今日は朝から最高の天気。昨日までの風雨はどこへやら・・・・
帝釈天の花まつりにはうってつけの天気です。
朝、帝釈天の境内に、小さなお厨子とお釈迦様がまつられました。
そして大きな木にはさらしがしばりつけてあり本堂に繋がっています。

d0278912_2322693.jpg

参拝の方たちがお釈迦様に甘茶をかけていました
d0278912_234912.jpg

私も毎年の事でお釈迦様に甘茶をかけてお祝いをしました。
其の脇で甘茶をご自由にどうぞと紙コップが置かれ一口飲んできました。
甘茶はお茶に砂糖を混ぜたような味ですが、この甘茶というのは、ユキノシタ科のアマチャやウリ科のアマチャズルを煎じた飲料です。

d0278912_2310406.jpg

午後からは稚児行列です。
帝釈天の住職が先頭で雅楽の楽器の(しちりき)に合わせ参道を歩きます。

d0278912_2320582.jpg

その後ろから可愛い稚児がお母さんに手をひかれ20~30人位通り参道を賑わしてくれました
d0278912_23223539.jpg

子供たちは、ほとんど地元の幼稚園、保育園の子供たちですが、申し込めばだれでも参加できます。
是非、来年はご参加ください。良い記念になりますよ!

[PR]

# by matukoutarou | 2013-04-08 23:30 | Comments(0)
line

柴又亀家おかみの独り言


by matukoutarou
line