<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


3月22日 こんなに咲いて・・・・(T_T)

ここ数日暖かい陽気で一気にさくらが、咲いてしまいました。
とても綺麗で嬉しいのですが柴又さくらまつり(4月6日・7日)に散ってしまうのが悲しいです。

d0278912_2257985.jpg

柴又を歩くと珍しい標識が所々にありますよ。
私も柴又に住んでいますがいくつあるのか勉強不足で調べていませんが、寅さん会館に行く途中にいくつかありますので紹介しますね!

d0278912_2321714.jpg

そして”寅さんのふるさと名言集”が書いてありその下には柴又の行事等の立体的な絵があります。いくつか紹介しますね。
これは節分会の行事です。
d0278912_23154053.jpg

帝釈天の南門を曲がってすぐのところにあります。
そこからまっすぐ行き山本亭の近くには宝船ですね。

d0278912_2318266.jpg

柴又七福神です
この名言集はとても好きです。
人間は何のために生きているのか・・・
「生まれてきてよかったなって思うことが、一生に何べんかあるじゃない。 そのために生きてんじゃあねぇか」
・・・ん~んなるほどね
[PR]

by matukoutarou | 2013-03-22 23:37 | Comments(0)

3月17日  柴又さくらまつりのお知らせ

今年は例年より開花宣言が早いように感じます。
柴又さくら祭りまで綺麗に咲いていてほしいです。 火曜日あたりまた、天気が崩れるらしく・・・・心配です

柴又のさくら祭りのお知らせです。
4月6日・7日是非来てくださいね!楽しい催しがいっぱいですよ(*^_^*)
d0278912_23374470.jpg

土・日は露店も出てだいぶ賑やかになってきました。…というか暖かくなってきたので人出も少し増えました。
d0278912_23412148.jpg

帝釈天境内ではお猿のポンタ君が芸を披露して参拝客を喜ばせていました。
d0278912_23432522.jpg

山門の前でこんな楽しい案内してますよ!
私も友達が来たとき利用させていただきました。とても喜んでました。

d0278912_063193.jpg

帝釈天の角を曲がったら早速観光自転車?に遭遇しました。
柴又は楽しいですね

d0278912_0103136.jpg

[PR]

by matukoutarou | 2013-03-18 00:13 | Comments(2)

3月10日  黄砂かしら?

午前中はぽかぽか陽気で参道もかなり人出がありました。
3時頃かしら夕立が来るのかな?と思うくらいうす暗くなり突風が吹き、空を見ると雨雲のような真っ黒い雲が
一面にかかり視界が悪くなった。
道行く人はマスク・マスク・マスク・・・・黄砂かしらと思いました。

d0278912_23342415.jpg

夕方のTVの二ユースで黄砂ではなく煙霧だと言っていました。
毎日乾燥していたので気圧の関係でこのような現象が起きたとか・・・
急に暖かくなったので昨日までつぼみだった花が急に咲きだしました裏庭の花壇の花です。

d0278912_2341586.jpg

水仙の花と、ボケの花
d0278912_23432942.jpg
 
椿
d0278912_23444744.jpg

立春はとっくに過ぎたのに、春はまだ遠く感じましたが、もうすっかり春ですね!
こんな花を見ると気持ちがウキウキします。
どこかに、お花見に行きたい気分になりました。

[PR]

by matukoutarou | 2013-03-10 23:50 | Comments(0)

3月3日 おひな祭り

3月に入ってもまだまだ肌寒く参道の人出はいまいち!
店先で焼く団子の匂いが食欲を誘います。

d0278912_18383477.jpg

これに海苔をまぶし海苔だんごとして販売しておりますが土日の限定品です。1本150円
d0278912_18405812.jpg

本日お召し上がりになったお客様は皆絶賛してくださいました。本当に美味しいですよ!
ぜひ一度ご来店いただきお召し上がりください。
今日は太陽が出ていますが風が冷たく4時を回ると人の出はまばら・・・・・・・
帝釈天の境内で芸を披露していたお猿のポンタ君が帰っていきました。
今日も一日お疲れ様でした。
d0278912_1848205.jpg

一日も早く暖かくなってくれると良いですね!
亀家本舗の従業員が催事で今、北海道の北見に行っております。
TVで猛吹雪とか。今日は死者が8人出たと言うし、心配です。

[PR]

by matukoutarou | 2013-03-03 18:59 | Comments(0)
line

柴又亀家おかみの独り言


by matukoutarou
line