カテゴリ:未分類( 359 )


3月24日(金)さくらさんの銅像いよいよ・・・

今週の土曜日さくらさんの銅像の除幕式です。
昨日、柴又駅まで見に行きましたが、まだ工事が始まったばかりで間に合うのかしら・・・
台座は出来ているようですが、さくら像は24日の夜か?
25日早朝持ってくるのでしょうね。
d0278912_23460763.jpg
やはり寅さんの振り向いている先ですね建つのは。
楽しみです!
d0278912_23463078.jpg
さくら像を記念して『寅さん記念館』入場されたお客様に、この手ぬぐいを配布するそうです。
ピンクの鮮やかな色にさくらの花びらと寅さんの鞄がデザインされています。
どの位配布するのか解りませんが、ほしい方はなるべくお早めにどうぞ。













[PR]

by matukoutarou | 2017-03-24 00:04 | Comments(0)

3月19日(日)柴又に簡易宿泊施設がオープン

3連休の2日目、柴又は天候に恵まれ参詣のお客様は一日中賑わっていました。
d0278912_21135193.jpg
そんな中茨城県の”筑西ふるさと大使”をしている植木寅次郎さんが
バス1台のお客様を連れて、亀家本舗にお食事でご利用いただきました
d0278912_21141103.jpg
今月3月29日寅さん記念館において関東鉄道のイベントとして茨城物産交流展を行うようです。


今日柴又に簡易宿泊施設オープンしました。
その名前も『SHIBAMATA FU-TEN』シバマタフーテンという名前だそうです
d0278912_21151541.jpg
4階建てで、宿泊人数は74名
2名和室           8000~/1部屋
2名洋室            8000~/1部屋
2名洋室(専用シャワー付き)12000~/1部屋
4名和洋室          15000~/1部屋

d0278912_21145470.jpg
道案内
柴又駅から帝釈天参道を進み帝釈天を左折して横断歩道を渡り
まっすぐ歩いていくと金町浄水場にぶつかるのでそこを右折すると
右側にSHIBAMATAFU-TEN BED&LOCAL があります

今まで柴又には宿泊施設がなかったのでこれから、日本の方は勿論のこと世界中の方々がこの様な施設をご利用いただき柴又をもっと、もっと知って頂けたら嬉しい限りですね。
ぜひご利用ください

申し込み 03-3650-1111迄





[PR]

by matukoutarou | 2017-03-19 23:54 | Comments(0)

3月18日(土)一ケ月ぶりのブログです  さくら像が建ちます

ブログ暫くお休みしてすみませんでした。
私事ですが、体調を崩し一ケ月ほど入院しておりました。
丁度2月21日~3月18日(本日退院しました)

入院中亀家本舗では催事が2コース出ていました。
九州の熊本つるや百貨店北海道の北見パラボです
行く前に熊本の晩白柚と柴又のだんごのコラボ商品を作っていったので・・・・・・どうかな?と気になっていました。
d0278912_20034160.jpg
それが大当たりしたそうで来年も是非と頼まれたそうです。
亀家本舗の社長と社員さんの二人で行きました。・・・嬉しい報告でした
もうひとコースは北海道の北見パラボ。
ここも成績良かったそうで亀家さんのお団子楽しみに待っていてくれたとか・・
入院していても、嬉しい報告が沢山入ってきました。

毎年2月25日は帝釈天の瑞龍の松に寒肥を入れる日です
今頃境内はお酒のにおいが一杯広がっているのかな・・なんてね思い出していました
d0278912_20415634.jpg
これは昨年の写真です

さくらさんの銅像が建ちます
d0278912_01100834.jpg
昨年11月8日のスポーツ報知にこんな記事が載っていました。
寅さん隣に新銅像『さくら』
d0278912_01094757.jpg
シリーズ終了20年と渥美清さん没20年の節目を迎えてさくら像を計画していた』と言う

銅像完成序幕式典
この3月26日(土)11時開始
記念館において3月26日~4月9日(日)
入場者にさくら像の完成記念手ぬぐい配布するそうです
是非皆様いらしてください
きっとエプロン姿でおにいちゃんの寅さんを見送るシーンだと思いますよ。

これから暖かくなりますとさくらまつり・花まつり等楽しい催しが沢山あります
出来る限りがんばりますので・・・・応援してくださいね!





[PR]

by matukoutarou | 2017-03-19 01:50 | Comments(0)

2月21日(火)第8回 柴又門前寄席のおしらせ!

3月5日(日)14:00~開場 14:30開演
柴又門前寄席が行われます。
今回は真打の橘家団十郎さん漫談のとみーとみーさんが出演します。
d0278912_21255148.jpg
申し込みは090-6317-9447(牧)さんまで
予約の場合2000 当日は2200です(お土産は草だんご付き)

[PR]

by matukoutarou | 2017-02-20 21:30 | Comments(0)

2月20日(月)『晩白柚(ばんぺいゆ)』の餡つくりでコラボ商品

数日前、夏みかんより大きな果物が熊本鶴屋さんから届きました。
鶴屋さんに頼んで送って貰ったようです。・・・・いったい何をするのかしら?
d0278912_20031254.jpg
産地証明書までつけて。確かに熊本県産のものです。
d0278912_20033083.jpg
今月末から熊本の鶴屋さんに催事で出展します。
その時に熊本産の何かとコラボした商品を作りたいという事で、鶴屋さんにお願いしたようです。
工場の職人さんに教わりながら、『晩白柚餡だんご』を作るそうです。
前回寅さんサミットでは『ブルーベリーだんご』を作っていましたけど・・・
d0278912_20034160.jpg
晩白柚は皮が厚く剝くのに大変。
皮は薄く削いで細かくミジン切りにして柔らかくなるまで煮込む。
d0278912_20035579.jpg
とろ火でグツグツするまで煮込むとプ~ンと柑橘類の良い匂いがしてきました。
d0278912_20043449.jpg
その間に晩白柚の実の方をジューサーで絞っておく
2個分でボール一杯絞れました。
d0278912_20044626.jpg
水につけた寒天を沸騰させ砂糖をいれ白餡を加えて滑らかになるまで煮込み
その中に煮込んだ皮の部分と、
d0278912_20052723.jpg
絞った晩白柚のジュースを入れて煮込む

d0278912_20271909.jpg
かなりの時間、煮込むと餡らしくなり、容器に流し込み冷まします
d0278912_20054940.jpg
晩白柚餡の出来上がり
ほろ苦く香りがよく何とも言いようのない美味しさでした

d0278912_20060543.jpg

熊本の皆さん楽しみにしてください!








[PR]

by matukoutarou | 2017-02-20 21:06 | Comments(0)

2月13日(日)チョコだんご作りました。

バレンタインデーには少し早いのですが、今年もチョコだんごつくりました。
チョコレートの塊を溶かし、だんごに絡めて・・・
d0278912_22255710.jpg
亀家本舗の社長はいつも突飛なことばかり・・・・
カラフルなチョコをまぶして
d0278912_22233980.jpg
チョコレートが固まるまでだんごを離してならべ出来上がり。
d0278912_22235429.jpg
土日と各20パック限定で作りました。

d0278912_22241174.jpg
子供さんが、チョコバナナ感覚でほしがったり、
大人の方は遊び心でお求めになりました。
寅さんの口上で『信州信濃の新そばよりも、わたしゃ貴方のそばがいい』
さりげなくご主人様に買われた方・・いろいろです
お陰さまで限定数完売です。

夕方店に植木寅次郎さん来店。
d0278912_22380800.jpg
植木さんは『寅さんの心を伝える会』の会員で
茨城県筑西市のふるさと大使として寅さんらしい呼びかけで人気を博し、全国を旅しているといっていました。
金釘流の筆で青学3連覇の歌を書いて歌ったそうです。
そのときスタジオで撮った写真とか。

[PR]

by matukoutarou | 2017-02-12 22:58 | Comments(0)

2月11日(土)建国記念の日

2月に入ると寒さが一段と厳しくなりました。
店も少し落ち着きましたので、8日~10日まで
姉と那須塩原に行ってきました。
天気予報どおり雪でしたが、雪の温泉もいいものですね!
d0278912_23414895.jpg
夜しんしんと降った雪は朝には素晴らしい雪景色を見せてくれました
ご来光と雪景色は携帯でこんなに綺麗に撮れましたが・・・
デジカメがあったらもっと綺麗だったのに・・・残念


今日2月11日は建国記念の日です
以前は紀元節と言って、神武天皇が即位したとする日を紀元節としたのが
第2次世界大戦の後昭和23年に占領軍の意向で廃止された。

その後、国民の間で「紀元節」復活の動きが高り
『建国を偲び、国を愛する心を養う』として

建国記念の日と言うことで1966(昭和41)年から国民の祝日になった。



[PR]

by matukoutarou | 2017-02-12 00:37 | Comments(0)

2月3日(金)節分会

今日は節分
お天気も良く最高!と言いたいのですが風が冷たくて日陰に入ると身震いします
帝釈天境内では、早い人は12時ころから待っていました
始まりは2時と3時です。
d0278912_23292511.jpg
ピーポー君と葛飾のヒーローゼロングも来ていました
ピーポー君は、『振り込めさぎに注意してください』と呼びかけていました。
d0278912_23295036.jpg
赤鬼(丸仁社長)青鬼(亀家本舗社長)が二天門の前に現れました。
小さなお子さんは怖がってお母さんにしがみ付いて、泣いてしまいました。
一回目の行列が通ります
赤鬼・青鬼が、先頭で続いて帝釈天の神猿そして御前様・・・
d0278912_23303997.jpg
二天門に入るとお経が始まりその間4匹の猿が本堂で暴れています。
d0278912_23305781.jpg
境内に作った舞台に年男が並び、寅さんが並び午前様が並ぶと
赤鬼・青鬼と神猿の問答が始まります
d0278912_23320364.jpg
最後に『帝釈天の猿は恐ろしや~』と言って鬼が逃げ
午前様が『鬼は外・福は内』
と言うと一斉に年男が豆をまきます
d0278912_23332183.jpg
二番撒きは臥牙丸勝関・英乃海哲也関・宇良和輝関が来てくれました
d0278912_23323417.jpg
まめの袋に当たりくじがついていて、各店舗で景品がもらえます。
亀家本舗のあたりくじ持ってきた人は、毎年来ているけど当たりくじが捕れたのは初めてですと
大変喜んでいました。
今日も無事節分会が終わりました。

ご協力くださいました皆様、商店街の皆様、各関係者の皆様
本当にご苦労様でした!













[PR]

by matukoutarou | 2017-02-04 00:15 | Comments(0)

2月2日(木)初庚申

昨日は宵庚申で纏の奉納がありました
d0278912_22571061.jpg
夕方5時ころでしたが亀家本舗の社長もがんばって纏を振っています。

今日2日は初庚申です。
2月の朝は本当に寒いですが
流石に初庚申だけあり早朝からお参りの人が来ていました。
亀家本舗の工場は庚申大福で大忙し!
d0278912_22574878.jpg
苺とえんどう豆
d0278912_22583524.jpg
粒の揃った苺もありましたので、庚申いちご大福庚申まめ大福の2種類を、
作っていました。
d0278912_22581747.jpg
ここ数年、庚申と、催事が重ならないので、社長は工場に入り職人さんから
いろいろと教わっています
職人さんたちも高齢になってきたので、工場のこと全て習得したいといって日々学んでいます。
d0278912_22585145.jpg
お陰さまで大福は、お昼過ぎにはまめ大福も苺大福も完売でした
夕方こられた方売り切れで、ごめんなさい!
遠くからこられる方、皆さんお昼過ぎになるのでお電話にてお取置きしております。
是非お電話くださいね。(03-3657-6670)
d0278912_22591025.jpg
今日は何とも寒い一日でしたが読誦会のお題目で庚申も終わりました
南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経     合掌


明日は節分です






[PR]

by matukoutarou | 2017-02-02 23:33 | Comments(0)

1月26日(木)文化財保護デー

今日は文化財保護デーです   
昭和24年1月26日奈良法隆寺金堂が火災に遭いました、この時期火災の多い時節でもあるので、毎年この日を文化財保護デーとし
全国的に文化財防火運動を展開しています。

柴又帝釈天も防火訓練です
d0278912_23301765.jpg
地元商店街の方や自治会の方によるバケツリレーもありました
(今日も良い写真が撮りたかったのですが、デジカメの電池切れ・・・・)
d0278912_23293073.jpg
亀家本舗も仕事の合間にリレーに5人参加しました
d0278912_23295347.jpg
こちらは自治会の方たちです
d0278912_23304641.jpg
商店街消火隊の皆さん。放水の準備です。亀家本舗の社長も参加。
火事で逃げ遅れた人を担架で運んだり、本堂から出火という設定で訓練をしていました。
d0278912_23333238.jpg
いっせいに放水すると、見学している人たちの歓声が上がりました。
地元ルンビニーの園児は毎年見学参加です。
d0278912_23314823.jpg
一日消防署長さんにはルンビニー幼稚園の園長先生です。
消火隊長は野口寅次郎さん


火災はちょっとした事から大火になります。自覚を持って注意しましょう。
今日は皆様ご苦労様でした。







[PR]

by matukoutarou | 2017-01-27 00:05 | Comments(0)
line

柴又亀家おかみの独り言


by matukoutarou
line